トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の15件の記事

2007年3月31日 (土)

3月の終わりに

 この風はどこからやってきて

 そして どこへゆくのだろう

.

 ようやく 手をひろげた花びらを連れて

 一体 どこへゆくというのだろう

.

 それともこの風は 合図なのかもしれない

 新しい出発の合図なのかもしれない

 .

 未来の場所へ先回りして

 みんなが来るのを待つのかもしれない

.

 春の嵐の音を聞きながら そんなことを考えた

 薄紅の花風が舞う

 3月の終わりに

.

 Photo_4

|

2007年3月30日 (金)

桜のほっぺ

 それは 太陽が笑ったから?

 あの花びらが桃色に染まる

.

 それは 小鳥が歌ったから?

 あの木のほっぺが優しく染まる

.

 ふと見上げれば

 空の青が 小さなすき間にこぼれていた

.

.

  Photo_1

 

|

2007年3月26日 (月)

太陽のくしゃみ

 あの海までの道に 花が咲いた

 まだ少し照れ笑いをする太陽が

 その花を咲かせた

.

 あの海からの道に 風が吹いた

 まだ少し肌寒い空に太陽が

 くしゃみをした

.

.

  _yuyu_2

 

 

|

2007年3月21日 (水)

春のうた

 どこかで ぽっ と 音がする

 それは 春の生まれた瞬間

 .

 どこかで ぽっ と 音がする

 それは 命の誕生のとき

.

 ほら 耳を澄ませば

 あの風にのって

 どこかで生まれた 春のうたがやってくる

.

 Photo

|

2007年3月18日 (日)

桃色の雲にのって

あなたの願いを叶えてあげる

ねえ 目を閉じて

.

きっと あの日に手が届くよ

.

.

桃色の雲にのって  

.                                      作詞・作曲・うた yuyu

「momoironokumoninotte_yuyu.wav」をダウンロード

.

もし もう少しだけ 早く歩いて あの日に追いついたなら

いっぱい甘えて いっぱい話して

あの国のことを教えてくれるかな

少し減ったそのグラスについであげたい そっと

.

どんな声をしてるの どんな癖があったの

たぶん私が思ってるより 照れ屋さんなんだろな

.

会いたかったよ 話したかった

その笑顔を この瞳に映したかった

.

今でも時々思うことがある もしあなたがいたなら

冷たい雨も 寂しい夜も

笑い声であふれただろう

きっとあなたは私に歌ってくれただろう

.

もしも天使の羽があの木の下に落ちてて

少し借りていいのならば 飛んでゆこう

.

見上げた空に呼ばれた気がして

立ち止まったこの坂道 桃色の雲

.

遠い空から あの日が届く

桃色の雲にのって

.

もし もう少しだけ 早く歩けば

桃色の雲に追いつくね

.

.

_yuyu_1 2007.3

|

2007年3月16日 (金)

あの日の空へ

 そう

 誰にも必ず 会えなかった人がいる

 そう

 誰にも必ず 会いたかった人がいる

.

 愛しい人のおとうさんだったり

 優しいおばあちゃんの笑顔だったり

 ときにそれは

 生まれくるはずだったちいさな命だったり

 .

 会いたくても会えなかった

 あなたの大切な人は誰ですか

 .

 もしも 桃色の雲があれば

 あの日に連れて行ってくれるかな

.

 Yuyu_5

|

2007年3月15日 (木)

空の忘れもの

神様はみんなの出逢いの数を決めている

あの春の日に あの曲がり角で

二人を出逢わせよう

むこうの木の下の むこうから吹く風の中

あの二人も出逢わせよう

.

でも たまには 神様も忘れることがある

.

あの人と あの人の巡り会いを

忘れることがある

.

あのときあのバスに乗れていたならば

間に合ったかもしれないのに

.

あのときあの空に雲があったなら

運んでくれたかもしれないのに

.

.

.

Star_yuyu

|

2007年3月12日 (月)

神様のいたづら

今日こうして ここで出逢ったこと

今日こうして この音符を拾ったこと

.

ほら 神様が笑っている

.

自分の仕組んだいたづらを

空の上から 楽しんでいる

.

.

神様のいたづら  作詞・作曲・うた yuyu

「kamisamanoitazura_yuyu.wav」をダウンロード

.

小指にからまるくもの糸 気づくはずもないけど

あの道を右に曲がったのも 神様のいたづら

教科書の隅に書いた未来のストーリー

空の上から のぞき見をして たくらんだのね

.

風のすき間に咲いた花も

あの日つかんだ幸せのしっぽも

全部この日につながって集まる

.

神様 おねがい 今度はあの歌を歌って

きっと みんなと出会える あの歌を歌って

.

行くはずだった野球場 雨降りでやめたのも

いつもほっとく電話に出たのも 神様のいたづら

一週間も悩んで やっとだした答えだけど

ほんとはここに来ると決まってた 遠回りして

.

雲をちぎって足跡にして

交わす言葉は星に生まれ変わる

みんないつかは ここを通り過ぎてく

.

神様 ありがと たくさんの出逢いをくれて

一人じゃ見つけられない 夢の通り道を

.

もしも君が泣いていたら 何をしてあげれるだろう

もしもその手が震えていたら

太陽に魔法をかけて あっためてあげるね

.

 くりかえし

.

Yuyu_4 2007.1

|

2007年3月11日 (日)

神様の日記

でもね こうして仲間に出逢うことだって

ほんとは 神様が仕組んだことなのかもしれない

.

昨日降った雨だって

明日見つける足元の花だって

未来のあの日に出逢う人だって

.

きっと ほんとうは

ぜんぶ 神様は知っている

.

ねえ 神様 おしえてよ

わたしの大切な日は 晴れているかな

.

_

|

2007年3月 9日 (金)

まぁるい地球の上で

地球がまぁるくて よかった

どんなにゆっくり歩いても

どんなにお昼寝をしたっても

いつかみんなに追いつける

いつかみんなが追いついてくれる

.

だれもが みんな一人なんかじゃない

いつもみんながそばにいる

いつも仲間がそばにいる

.

.

まぁるい地球の上で  作詞・作曲・うた yuyu

.

「maaruichikyuunouede_yuyu.wav」をダウンロード

.

b僕らはいつも 一緒に笑って この手つなぎあわせ

 たくさんのときを歩くよ 確かめ合ってゆくんだ

 未来につづくこの道 時々黒い雲が広がってゆく

 でも涙で前がみえなくなっても 太陽はみつかる

.

 仲間の声がいつも僕を呼んでくれるから

 たとえ目をつぶってても 幸せにたどりつく

.

まぁるい地球の上で 僕らは生きている

 手を広げればすぐそこに あったかいハートがある

.

 僕らはあの日偶然出逢って ココロつなぎ合わせ

 ひとつの扉開くよ 励まし合って生きるんだ

 僕らはずっと仲間さ いつでもどこにいても一緒さ

 見えない風と共に口づさもう 友達の歌を

.

 今が今じゃなくても僕ら 出逢っていたさ

 このおんなじ宇宙(そら)の下 いつも進んでいるから

.

 まぁるい地球の上を みんなと歩いてる

 たとえ歩幅がずれたって またいつかたどり着く

.

 そっと目を閉じ 寝ころんで 大地に耳をつければ

 ほら地球の裏側から あなたの足音が聞こえる

.

  繰り返し

.

 このまぁるい地球の上 みんなで歩いていこう

 みんなで 歩いてゆこうよ

.

.

 Yuyu

2007.1

|

2007年3月 6日 (火)

地球の地図

お月さまからとびおりて

てくてく てくてく てくてく てくてく

この地球の上を歩きました。

.

.

地球って不思議です。

どこを歩いていても

誰と歩いていても

必ず ここにたどり着きます。

.

.

あの太陽を追いかければ

迷うことなんかないんです。

.

.

地球はまるいから。

けして 迷子になることはないんです。

.

.

そうだ。

次は そんな歌をつくってみよう。

.

.

Photo_5

|

2007年3月 4日 (日)

心の音

月のブランコに乗って ゆらゆら 考えました。

.

.

yuyu にとって 音楽ってなんだろぉ

みんなに伝えたいこと

しあわせだよって 言いたいこと

手をつなごうよって 誘いたいこと

夢は叶うんだよって 教えたいこと

も少し頑張ってみようよ そう励ましたいこと

.

..

そおして 決めました。

.

.

これからも 歌いつづけよう

これからも 歌を作りつづけよう

いつまでも 音符を拾い集めよう

みんなに愛を贈りつづけよう

音符は みんなのココロにあるんだよ

.

あの月のブランコにのって そんなことを思いました。

..

.

Photo_3

.

|

2007年3月 3日 (土)

月のブランコ

yuyu に音符を運んでくれたマリン色の空は

それからも ずっと しあわせを届けてくれました。

.

.

気がつけば yuyu の足元には

数え切れない音符たち。

.

拾い集めてつなぎ合わせたら

今度は 友へ贈る歌ができました。

.

.遠くへ嫁ぐ友よ   おめでとう 。

そして ありがとう。

.

.

.月のブランコ   作詞・作曲・うた yuyu

.

「tukinoburanko_yuyu.wav」をダウンロード

.

おんなじ時間も おなじ出来事も

あなたがいたから あんなに輝いた

いつもそこにいる太陽のように

すべての場所をあたためてくれた

.

たくさんの星がきらめく中で

こうしてあなたに出逢えた奇跡よ

いつもそこにある あの月のように

ゆく足元をそっと照らしてくれた

.

どこまで歩いても どこから見上げても

必ず あなたはそこにいた

.

ありがとう 大切な友よ

色んなことを 教えてくれたね

ありがとう 大好きな友よ

たくさんの 優しさをくれて

.

空を見上げれば ほのかに照る月

疲れたココロに 息を吹きかけてね

おんなじ時代に 生まれてこれたのは

神様が私にくれた贈り物

.

どこまで走っても どこで振り返っても

必ず あなたはそこにいる

.

おめでとう 大切な友よ

幸せになる そう誓ってね

おめでとう 大好きな友よ

離れても ずっとそばにいて

.

おめでとう 大切な友よ

月のブランコ いつまでもこいで

おめでとう 大好きな友達よ

これからも 輝きつづけて 

_300_32006.11                              

|

マリン色の空(こころ)

改めまして yuyu です。

本日 yuyu の誕生日に

音符の倉庫をリニューアルいたしました。

..

はじめて ここに迷いこんだ人

けせらんぱさらんを追いかけてきた人

寂しくて泣きそうな人

大切なあの人に逢いたい人

空を飛びたい人

夢の枕で眠りたい人

.

なにかの偶然で ここにたどり着いたみなさまに

yuyuの音符をわけてあげたい

.

ほんとうはみんな おんなじ空を通ってきたのだから。

.

            こころ

 マリン色の空     作詞・作曲・うた yuyu

    「marinironokokoro_yuyu.wav」をダウンロード

1 青い空 桃色の空 銀色の空 夢色の空

  どこにいても みんなの心

  必ずこの場所にある

..* 風に運ばれ 大波に乗って

  この大地を踏みしめて

  たくさんの幸せ集まる このマリンの空の下に

.2 白い球 薫る風 緑の波に きらめく声

  どんなときも この僕たちの

  勇気が大きな味方

.  一人一人の小さな奇跡

  26色(にじゅうろくいろ)に輝く時

  「今」になるいつかの願いが このマリンの空の下で

.3 星を隠す 遠い海 月を揺らす 夜空の花

  どこまで続く 希望のかけら

  みんなの白い物語

.  あのビルを超え 光映し

  熱い魂 夢に乗せて

  届けよう未来の向こうへ このマリンの空の下から

.  * 繰り返し

.  このマリン色の空(こころ)に                 

Yuyu_3

2005.12

|

2007年3月 1日 (木)

誕生

       その日 空がはじまる       3/3 1:20

Yuyu400

|

トップページ | 2007年4月 »